著者:吉井ハルアキ
出版社:リブレ(ビボピーコミックス)

★★★★

攻:遠藤(表紙左の学生)/受:本田(表紙右の教師)



『ゲイで人見知りぎみ高校教師・本田は進路を一向に決めない生徒・遠藤の相談相手を押し付けられるも、遠藤に邪険にされてしまう。
けれどひたむきな本田に遠藤も次第に心を開いてくれて。それどころか、不意に触れる優しい手が、自分を見つめる強い瞳が、日ごと増す遠藤が向けてくるまっすぐで熱っぽい想いに、ときめくも駄目だと逃げ続け・・・。
一途なスパダリ高校生×恋を諦めている高校教師のあと一歩がじれったくて甘むずい、青春ラブ。』



実際にあり得そうなリアリティさが読み手をぐいぐい本作品に引き込ませる。大きな事件があるわけじゃないのに読みごたえがあって、読み終わるまで終始目が離せない作品。それもこれも登場人物の気持ちの変化を丁寧に描いているからだろうなぁと思う。

高校生と教師というありがちなパターンながらも、都合のいいBL界ではなく、ちゃんと先生は先生をしてるし、最後まで先生という自分の立場で生徒と向き合っているのが良かった。
それ故にいじらしい場面も多かったんだけど、本作品に関してはそれもいいポイントになってる。

見どころの1つとして、人間的に好きだと気づいてからの攻の押せ押せ感がすごい!そこに迷いは一切なし!好意をまっすぐに態度で表してくるのが見ていてとても気持ちよかった。
若さ特有の怖いもの知らずでガンガンいくっていうのとはちょっと違って、この攻に関しては性格的に恋に正直なんだろうなぁと。実際自分のことだけじゃなく、相手の気持ちもちゃんと考える配慮があってそこにはしっかり愛がある。だから良い。

普段何となく過ごしている学校生活が、気になる人ができた途端に一気に変わる感じがよく表現されてる。ちょっとした場面でなんだか気になってしまう、それが徐々に積み重なって知らない間にものすごく恋しているっていう、素晴らしい方程式が出来上がっている!



ーーーーーーーーーーーーーキリトリ線ーーーーーーーーーーーーー

        以下より下からはネタバレを含む
        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



あらすじにも帯にも”スパダリ高校生”って書いてあるけど、”スパダリ”感は感じなかったな。単純に一途で素直な高校生という印象。

スパダリではないにしろ自分の気持ちにまっすぐな攻の発言には、あなたは生粋の攻として生まれてきたのね感が出ていて、何度もグっときた。本人は別に格好つけるわけでもなくあくまでも純粋にそう感じたから発言しているだけで、その計算していない感じが好き。そこに関しては受も「最近の高校生恐ろしい・・・!!」ってガタガタしてたw
あと、本当に些細な受の表情とか可愛さとかを見逃さない!全部拾う。あぁ、そう考えたら高校生にしてはスパダリなのかもしれないなぁ・・・

受はゲイで元から恋愛対象は男性。でも突然ノーガードだった生徒からあきらかな好意を感じるようになって焦るのよ。あくまでもウトい受ではなく、ちゃんとそれなりに人生経験を積んだ大人だから気づいちゃうのよ。”あぁ、この子もしかして恋愛的な意味で好意をよせてる?だめだめ、完全にお互いの立場的にまずい。どうにかしなきゃ。”ていうのが凄くリアル。実際はそう考えるよなって。

受が攻と関わるにつれて、徐々に表情が顔に出るようになったり、自分の気持ちを表に出したり、人間的に成長していく姿も良かったな。ただの恋愛漫画ってだけじゃない感じ。なかなか根深いトラウマを引きずっている不器用な受が、これから前向きになれそうな最後で嬉しかった。恋ってすごい☆

そして凄いタイミングで学生時代に受が好きだった男が現れる!結果的に二人のことを引っ搔き回したけど、最終的にはキューピットとして活躍したという謎な存在。
この人はこの人でいい人なんだろうなぁって思う。どことなく攻と似たようなまっすぐさがあって、受が過去に好きになった理由もわかる。


本一冊まるまる使って丁寧に二人の恋の始まりを描いている作品。じっくり時間(ページ)をかけて進む物語は読者を置いてけぼりにすることなくとても読みやすかった。
これでちゃんと完結した・・・と思ったんだけどまさかの続きがあるらしい!?まじか。続きではとうとう合体するのか?ちゃんとスッキリ終わっているだけに次巻購入するか迷うところ・・・



※2021/07/15追記
続きがあるということで調べていたんだけど、実は電子版限定で約27ページのショートストーリだということが判明!本一冊分ではなかったのものの、念願の合体シーンもあり、もう少しだけその後の二人が見たいっていう読者心にちょうどぴったりの内容と量だった★